ホーム | 工房について 

工房について

創作カリンバ工房では、アフリカ起源の民族楽器、カリンバ(あるいは「親指ピアノ」)をもとに創作した楽器を製作・販売、演奏活動をしております。

カリンバとは、板や箱に片持ちに固定した針金(キーと呼んでいます)を指ではじいて弾く楽器です。当工房で扱うキーの材質は主にピアノ線。ハンマーで叩いて鍛え、厚みを調整する事で、工房独特の音色になります。

広い音域や半音階が演奏出来るカリンバなど、カリンバの機能を追求する作品も作る一方、工房で培われた音色を多くの方々に知ってもらい、身近に楽しんでもらえる楽器も作りたいと思っております。

また、最近では日本はもとより世界中でいろんな個性を持ったカリンバが作られる様になってきました。創作カリンバ工房の作品に限らず、カリンバという楽器の多様性、奥深さに興味を抱いて頂ければ幸いです。

プロフィール

千田 真司(ちだしんじ)
カリンバ制作・演奏
1972年生まれ。山形県寒河江市在住。

1999年カリンバを初めて知って以来、
その音色と可能性に惹かれ製作を続けている。
楽器加工のための技術はインターネット、書籍、
今まで出会った沢山の方々からの助言をもとに
試行錯誤しながら身につける。

小さい頃から好きだった音楽と物作りとの
交点が今の仕事と感じています。

少々の辛い事があっても、木が美しかったり、
たまたま良い音が出たり、励ましの言葉を
頂いたりして、おかげさまで続いてきました。

ご購入案内

9キー カリンバ otomo
仙台壱弐参(いろは)横町内の民族雑貨店
『亜色処(あしょか)』にて展示・販売しております。地図
ネットショップでもお買い求め頂けます。
不定期ではありますが、手作り市などのイベントにも参加させて頂いております。

クロマチックカリンバ POLON
受注販売です。詳細はこちら
右記メールにてお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

このホームページや作品について、
お買い求め頂いたカリンバについての
ご質問・お問い合わせはこちらまで。

mail@kalimba.jp