otomoのお手入れ


弾いた後は

乾いた布で、付着した汗等を拭って下さい。それでも金属部分はどうしても錆びやすいので、ご了承下さい。
サビは音色には影響ありません。
高音・多湿・直射日光の当たる所を避け、室内で保管して下さい
シェラックニスは水滴やアルコールに触れると変色する恐れがあります。


チューニング

カリンバの音程は、キーの突き出しが長いほど音程が低く、反対に短いほど音程が高くなります。
このため、カリンバのチューニングは、音を聞きながら突き出し長さを微調整する事で行います。


当て木、ハンマーを用意し、音程を低くしたい場合はキーの枕木側から叩き込みます。


反対に、高くしたい場合はキーの弾く側から叩き込みます。
ほんの少し(1〜2ミリ)動かしただけでも音程は半音くらい変わりますので、少しずつ行って下さい


異音がしたら...

頻繁には起きない事なのですが、長く弾いているとキーが緩んできてずれやすくなったり、異音(びびりの音)が
するようになったりする事があります。カリンバはキーの弾力と摩擦力だけで組み立てられていますので、それぞれの
キーの弾力にばらつきが出てくるとこのような現象が起きます。
強く、あるいは頻繁に弾く事で起こるキーの変形や、気温湿度による木材の変形で常にバランスは変わり続けます。
チューニング直後等も時々起こります。

軽症の場合はキーを左右のどちらかに少しだけずらす事で治る事があります。何もしないでちょっと置いておくだけでも
バランスを取り戻してくれる場合もあるので、楽器の様子をよく観察してみて下さい。


キーが緩んだ時(※上級者向け)

どうしても異音が取れない場合はキーが緩んでいる可能性があります。その場合の直し方を解説します。
・まずキーを今ある位置から15ミリ程度枕木側へずらす。(キーが外せる場合は外してしまっても構いません)


・ずらしたキーをペンチ等でつかみ、ごくわずかに本体側へ曲げる。(または外れたキーの反りを伸ばす。)
※曲げることで、しっかり止まる様になりますが、曲げ過ぎると他のキーがかえって浮いてしまう事があるので注意。


・元の位置へ戻してチューニングをし直す。


それでも直らない時や自身の無い方は、是非創作カリンバ工房へメンテナンスをご依頼ください。
お客様の往復送料のご負担にて再調整いたします。




©創作カリンバ工房2011